ひきこもり経験者による
オンライン相談

ぽーとぴあ
Port-Peer

オンラインZoomでの相談。ひとりひとりの想いをくみ取り、従来の相談支援の障壁を可能な限り取り除いた相談を実践していきます。

NEWS 新着情報

2021年05月02月(日)
朝日新聞デジタル版で紹介https://www.asahi.com/articles/ASP4Z53TVP4VPTFC00B.html
2021年04年27日(火)
サンデー毎日で紹介https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20210426/se1/00m/020/002000d
2021年02年26日(金)
大阪経済大学プレスリリースで紹介https://www.u-presscenter.jp/article/post-45365.html
2021年02月21日(日)
新発田市社会福祉協議会主催の若者支援セミナーに西井、中谷、宇佐美が登壇
http://shibatashakyo.blog.fc2.com/blog-entry-291.html?sp

ぽーとぴあPort-Peerとは

ひきこもり当事者会の活動等の他に、今まさに福祉-心理学領域の対人援助の学びを深める「ひきこもり経験者の相談員」、加えて指導者として大学教授、民間団体代表の方を含めた7名で構成されています。


ひきこもる しんどさと、回復するたいへんさを身をもって学んできた「ひきこもり経験者による」オンライン相談です

   

サポートに特別さはいらない

「あの時身近に話を聞いてくれる人がいれば…」

ひきこもり経験者によるオンライン相談 | ぽーとぴあPort-Peer
「あの時身近に話を聞いてくれる人がいれば…」「ひきこもりに対して理解のある人がいてくれれば…」
そうした声を元に「ひきこもり経験者の相談員」が自らの体験知も活かして、ゆるやかな対話を展開していきます。

従来の相談支援の障壁を可能な限り取り除いた相談を実践

ひきこもり経験者によるオンライン相談 | ぽーとぴあPort-Peer
利用者の方々が求めるものや目標を共有し、同じ目線で歩んでいくことを大切にしています。
ひとりひとりの方が持っている固有の思いを汲みとり、従来の相談支援の障壁を可能な限り取り除いた相談を実践していきます。

オンライン相談について

Step.1 相談の申し込み
お申込みフォームより相談の受付を行ってください
Step.2 Web通話ソフトZoom などの通信環境の準備
オンライン相談となりますのでインターネット環境やzoomをご準備ください
Step.3 ひきこもり経験者の相談員との相談
ご予約日時にオンライン相談をお受けください

相談員の紹介

ひきこもり経験者によるオンライン相談 | ぽーとぴあPort-Peer
河井 賢太 36才
適応指導教室指導員
「経験から感じたことを皆さんに伝え、お役に立てればうれしく思います。」
ひきこもり経験者によるオンライン相談 | ぽーとぴあPort-Peer
中谷 信哉 31才
ひきこもり支援相談士・KHJピアサポーター
「経験者だからこそ感じとれるズレや焦りに寄り添えられたらうれしいです。」
ひきこもり経験者によるオンライン相談 | ぽーとぴあPort-Peer
高木 信洋 29才
メンタルヘルスマネジメント・実務者研修
「きつく縛った心の紐を、ちょっと緩められる時間になればと思います。」
ひきこもり経験者によるオンライン相談 | ぽーとぴあPort-Peer
中谷 信哉 31才
ひきこもり支援相談士・KHJピアサポーター
「経験者だからこそ感じとれるズレや焦りに寄り添えられたらうれしいです。」

スタッフの紹介


ひきこもり経験者によるオンライン相談 | ぽーとぴあPort-Peer
西井 啓子
ひきこもり当事者発信プロジェクト代表
ひきこもり経験者によるオンライン相談 | ぽーとぴあPort-Peer
宇佐美 佳純
公認心理師 取得見込「女性のひきこもり経験者ならではの視点を活かせればと思います。」
ひきこもり経験者によるオンライン相談 | ぽーとぴあPort-Peer
高井 逸史
大阪経済大学人間科学部
理学療法士
ひきこもり経験者によるオンライン相談 | ぽーとぴあPort-Peer
宇佐美 佳純
公認心理師 取得見込「女性のひきこもり経験者ならではの視点を活かせればと思います。」

現在ひきこもり状態にある方、そのご両親・ご家族・ご親戚・ご関係者など、どなたでもご相談ください。



相談を通して、「当事者の気持ちの把握」「社会復帰の前に必要な支援」「親子間のズレ発見」「ひきこもりに関する気づき」などを促せるように、経験者視点で一緒に考えるお手伝いをいたします。



書籍のお知らせ

ひきこもり当事者発信プロジェクト代表の西井さんがまとめました。相談員の中谷さんも当時を振り返り子と親のズレについて書かれています。
好評発売中
価格1,300円(税別)お申し込みは西井まで
(090-9118-5342)
ひきこもる人やその親と長年関わってきた研究者た支援者が執筆しました。
教育学者、NPO法人代表、精神科医、リハビリなど多くの専門家が結集しました。
相談員の中谷さんや高木さんの活動が書かれています。
価格1,870円(税込)
編著 高井逸史・藤本文朗・森下 博・石井 守https://www.amazon.co.jp/-/en/%E9%AB%98%E4%BA%95%E9%80%B8%E5%8F%B2/dp/4406066063/ref=sr_1_1?dchild=1&qid=1622859162&s=books&sr=1-1

主 催 ・ 共 催 ・ 協 力

  
主催:

ひきこもり経験者によるオンライン相談グループ「ぽーとぴあ」

共催:

大阪経済大学


協力:

ひきこもり当事者発信プロジェクト
さなぎるどhttps://twitter.com/sanaguild?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor
大阪経済大学高井研究室

《 相談料について 》
  • 顔合わせ
    30分無料
  • 相談料
    3,000円(税込)
    当事者・経験者は2,000円(税込)
    1回目80分/2回目以降60分
    ※相談料の振り込みが確認でき次第、相談となります。
    ※相談時刻後ご連絡がなく15分経過してもZoomに入室しない場合、相談のキャンセル、または延期とさせていただきます。


    ご相談日時について

    相談料の振り込み確認後、相談員と日時を打ち合わせします。








    お申込み

    24時間受付、予約OK!お気軽にお問合せください

    お問合せ

    お問合せは下記のメールアドレスへご連絡ください。( 高井)

    takai@osaka-ue.ac.jp


    少しだけ「ひきこもり経験者」の相談員とお話してみませんか。